株式会社グリーンウッド 解散のご報告

2019.03.31

株式会社グリーンウッド 代表取締役 服部道知

1999年6月に設立いたしました弊社ですが、2019年3月31日を以て解散をする運びとなりました事をご報告させて頂きます。

弊社では新規事業として2016年に大型プロジェクト「Dies irae PANTHEON」を立ち上げ、この完成に向け総力を注いで参りました。
SNSゲーム業界初参入の弊社としては、一社でこれを完成させる事はできません。そこで、開発の主体となる共同開発会社様を探し、協業でこの事業に取り組む事と致しました。
その結果、2017年よりA社と共に共同開発を開始致しました。
しかし2018年初頭、共同開発会社の開発遅延となどがあり、結果としてA社は開発から撤退する事となりました。
主体となる開発会社を失いながらも、弊社では再び新たな共同開発会社様を探し、プロジェクトの続行を図ってきました。
その結果、2018年春にB社とご縁があり、開発を再開致しました。
しかし、2018年秋には当事業とは別の理由にてB社が開発を継続する事ができなくなり、二社目の共同開発会社を失う事となりました。
二度に渡り、共同開発会社様の撤退で苦境に陥るも、三度目の正直を目指し、これまで開発の継続を目指して活動をして参りましたが、誠に残念ながら弊社の体力も限界を迎える事となり、この度、解散を決定する事となりました。
応援頂き、ご期待頂いたユーザーの皆様には、ご期待に添えぬ事となり、誠に申し訳ございません。


●Dies irae PANTHEONの今後について
これを持ちまして、株式会社グリーンウッドは解散する事となりますが、企画やこれまでの成果物などは存在致します。
これらの権利は一旦債権者のものとなり管理される事となりますが、まだ無くなった訳ではございません。
製作メンバーは、どのような苦境にあろうとも、可能性がある限りこれを進めたいと思っております。
これを機に、この企画にご興味のある企業の方がいらっしゃいましたら、support@light.gr.jpまでご連絡下さいませ。

●Dies iraeアニメ化プロジェクト クラウドファンディング リターン未完了の皆様へ
PANTHEONの再スタートが切れたら良い状態で実施しようと思い、計画して参りましたが、結果としてまだ履行できていないリターンがございます。
「lightスタッフと行く1泊2日温泉小旅行ペアツアー」「アニメ化記念・打ち上げご招待(代替日)」の合計8名様です。
これにつきましては、弊社は解散するものの、服部個人のお約束としていつか必ず履行させて頂く所存でございます。
詳細についてはそれぞれにご連絡をさせて頂きます。

●ラインハルト・ハイドリヒ 抱き枕CF企画につきまして
この企画は、Dies irae PANTHEONのプロモーションに付属する企画でございました。これまでの状態では実行してもお約束の履行が叶うか解らない状態でございましたので正式な企画スタートをする事ができませんでした。
現在、Dies irae PANTHEONの企画の推進に全力を注いでおります。その結果が出ましたら、その状況に応じて実行するかどうか決定させて頂ければと思います。

●弊社ブランド light、Campusについて
弊社の解散理由は、あくまでも、予算を投下したDies irae PANTHEONが開発途中にも関わらず、共同開発会社様を二社立て続けに失った事にあります。
どちらのブランドも開発メンバーは優秀である為、ブランド踏襲のまま、作品の開発を継続させて頂く予定です。
Campusブランドにつきましては、「有限会社AKABEiSOFT2」様にて継続して販売が決まりました。4月26日発売タイトル「恋音セ・ピアーチェ」もCampusブランドのまま発売されます。
また、「シルヴァリオチーム」は現在別の会社での開発を準備中でございます。シルヴァリオシリーズ最終作となるタイトルも来年、発売ができるよう準備をしております。詳報をお待ち下さいませ。

●弊社過去タイトルのサポートにつきまして
弊社過去タイトルについては、有限会社AKABEiSOFT2様にて引き続きサポートが行われます。販売店の皆様、ユーザーの皆様におきましてはご安心の上、引き続きお取引、並びにプレイをして頂ければと思います。

●light Online Storeにつきまして
現在、弊社のHPも全て有限会社AKABEiSOFT2様に引き継いでおります。現在のところ、継続して注文を受け付けさせて頂いておりますので宜しく御願い致します。

●Happy light Cafe Channelにつきまして
弊社の解散に伴い、channelは近いうちに閉鎖となります。その後はそれぞれのプロジェクトがそれぞれの方針で宣伝活動を行います。


これまで制作に携わっていただきましたクリエイターの皆様並びに関連会社の皆様に改めて御礼申し上げます。
お陰様を持ちましてこれまでユーザーの皆様に愛される作品を製作する事ができました。
会社は変わりますが弊社メンバーもまた開発を継続して参ります。
機会がございましたら、是非ともまた宜しく御願い申し上げます。

また、これまで弊社を信じご支援頂いておきながら、結果的に債権者となってしまった皆様には、これまでのご厚情に感謝すると共に大変なご迷惑をおかけしてしまう事を深くお詫び申し上げます。
できる限りの事をして参りたいと存じますので宜しく御願い申し上げます。

2000年より弊社製品をご愛顧いただき、支えていただきましたユーザーの皆様には誠に感謝の言葉しかございません。
誠に、誠にありがとうございました。
これからもDies irae PANTHEONは可能性を信じて活動致しますと共に、Campusチーム並びにシルヴァリオチームもまた開発を継続致します。
変わらぬご支援を賜りますよう、宜しく御願い申し上げます。

この度は多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。


※信用調査会社様からのご指摘があり、一部表記を修正致しました。