マリィ

1.『Dies irae』世界流出プロジェクトについてご紹介! そもそもこのプロジェクトって何?

  1. 『Dies irae』世界流出プロジェクトについてご紹介! そもそもこのプロジェクトって何?
  2. 『Dies irae』世界流出プロジェクトについてご紹介! 支援したらどんなものが貰えるの?
  3. 『Dies irae』世界流出プロジェクトについてご紹介! 支援するにはどうしたらいいの?
  4. 『Dies irae』世界流出プロジェクトについてご紹介! アドオンについて
  5. 『Dies irae』世界流出プロジェクトについてご紹介! Gユウスケ先生の描き下ろしグッズを追加!

2016年12月15日より本格始動した『Dies irae』世界流出プロジェクト
「Kickstarter」にて開発支援を募っております。

……ですが、基本は海外のユーザー様へ向けたプロジェクトなので「よっしゃ、俺日本人だけど、『Dies irae』を世界に広げるために支援するぜ!」と思ってサイトに行ってみると、全部英語でよくわからない……。

そんな方のために、段階を分けてこのプロジェクトについて説明していきたいと思います!
この記事では、プロジェクトの概要を簡単に説明していきます。

Dies irae

■どんなプロジェクトなの?

『Dies irae ~Amantes amentes~』のゲーム内テキストを英語化し、ゲーム配信サービス『Steam』にて、世界中のユーザーの皆様に『Dies irae』をお届けするプロジェクトです。開発資金の支援を海外のクラウドファンディングサービスである『Kickstarter』にて募ります。

■このプロジェクトはなぜ始まったの?

かねてより海外のユーザー様より、『Dies irae』をプレイしたい(もちろん英語テキストで)とのご要望が寄せられておりました。

しかし、『Dies irae』は膨大なテキスト量を誇ります。原作テキストが持つ魅力を残しつつのローカライズは、多大な労力と時間を必要とし、また、実際に商品として海外のユーザーの皆様にどの程度受け入れられるのか判断が難しく、これまでは検討レベルで止まっておりました。

今回、『Dies irae』に対する熱意のある実力派翻訳チームの皆様に巡りあえたこと、『Kickstarter』というサービスを用いることで、実際に海外のユーザー様からの需要を確認しながら進行できそうなことから、本格的なプロジェクトのスタートを決めました。

2016年12月15日より、『Kickstarter』にて、支援受付が開始。基本は海外のユーザー様へ向けたプロジェクトなので、日本から支援するには敷居が高いと思われる方も多いかもしれませんが、日本の方にも応援いただけると大変心強い限りです!

また、『Kicksterter』開始後、日本の方々から「支援はしたいけど……。日本で販売したグッズを含まないコースが欲しい」というご要望が寄せられていることもあり、急遽「今回のクラウドファンディング限定グッズのみを集めたコース」をご用意致しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

◆関連URL
・キックスターター プロジェクトページ
https://www.kickstarter.com/projects/1986219362/dies-irae-english-localization-project-commences?token=08472cba
・プロジェクト公式Twitter
https://twitter.com/diesirae_steam/
・プロジェクト公式Facebook
https://www.facebook.com/Dies-irae-on-Steam-206922869760533/

Dies irae2

■海外版『Dies irae』は原作との違いはあるの?

  • ゲームエンジンはlightで使用している最新バージョンを採用!
    最新OSにも対応して、ゲーム解像度も原作の800×600から1280×720のHD高解像度へ!
  • テキストは英語翻訳されますが、セリフはすべて原作の音声をそのまま使用! 原作の熱さをそのままご堪能いただけます!

現在、英文が追加されたプロモーションムービーとプロローグのプレイムービーを公開中!
まだ開発中のものではありますが、こちらで雰囲気を掴んでいただけますと幸いです。

以上、今回はプロジェクトの概要を紹介してきました。
次は支援者への褒賞(リワード)についての説明です!

2.『Dies irae』世界流出プロジェクトについてご紹介! 支援したらどんなものが貰えるの?

「Dies irae」世界流出プロジェクトkickstarter

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0